注目の社会保険労務士資格を獲る!

サイトへご訪問いただき、有り難うございます。
このサイトをご覧になっているということは、みなさんは社会保険労務士(社労士)資格に
興味があり、また、取得を検討されている方たちかと思います。

2008年に起こったリーマンショックを引き金に起こった世界不況の影響により、
パートや契約社員など非正規雇用労働者の大量解雇。
そして、働いても十分な生活を送ることのできる報酬を得られないワーキングプア人口の増大。
さらには、高齢化社会への移行に伴う年金基金枯渇問題など、今、
日本の労働及び社会保障環境は経済以上に悪化の一途を辿り、光明の兆しが見えません。

そんななか注目を集めているのが、企業における労働関連や社会保険関連業務を手がけることができる『社会保険労務士』という資格です。

社会保険労務士は、1960年代の高度経済成長による各種社会保険制度の発展に伴い、
1968年(昭和43年)に議員立法により制定された国家資格ですが、
昨今の経済的、社会的背景もあり、1998年(平成10年)は39,415人だった受験申込者数が、
2009年(平成21年)には67,745人までに増加し、今後もその傾向が続くと確実視される注目の
サムライ士業です。

 

初学者に向け資格&試験情報を発信!

そんな人気資格に注目し取得を検討されているみなさんは、
実に先見の明がある方たちと思われます。
しかしながら、多くの方が初めて社会保険労務士資格(試験)に挑まれる、
初学者の方ではないでしょうか。

このサイトでは、そんな初学者の皆さんに向け社会保険労務士の業務や報酬をはじめとする
その全体像をはじめ、難関とされる試験のリアルな難度と効率的な学習方法。
そして、合格まで学習を継続するためのモチベーションを向上するテクニックなど、
試験学習にまつわる情報を提供したいと思います。

社会保険労務士資格の取得は、決して簡単なものではありません。
しかし、取得すればその苦労以上の喜びやメリットがもたらされる資格です。
みなさんも、日本経済の停滞による労働・社会保険問題を解決するエキスパート
「社会保険労務士」を、本気で目指してみてはどうでしょうか!?

社会保険労務士試験に実績を持つ通信講座です>>>

実は多くの方が誤解している社会保険労務士の合格率の真実をご存知ですか? たぶんその情報を知れば、多くの方が驚き、試験対策も変わってくると思います。